快適な住宅つくりのために出来る事~快適な生活~

外壁の塗装

real estate

外壁塗装に用いる塗料について

外壁塗装は、住宅を長持ちさせるために行い、とても大切なメンテナンスの中の1つと言えます。いくら頑丈に造られた住宅でも、長い間の風や雨、そして紫外線などに晒されていれば、住宅の表面を覆っている外壁材は劣化して行きます。そして、その外壁材に耐久性を持たせているのが外壁に塗った塗料なのです。 通常では、10年から15年間隔で外壁塗装を行うことが推奨されています。しかし、その耐久性は塗料の種類によって異なってくるため、どの塗料を用いて外壁塗装を行うのか、十分に検討して決める必要があります。 主な塗料には、ウレタン系やシリコン系があり、それぞれに油性と水性塗料があります。そして、耐久性が高い塗料ほど価格も高くなっているのです。

外壁と屋根の塗装は同時に行うと良いのです

スレートやセメント瓦は、外壁同様に定期的な塗装が必要です。一般的なスレート瓦の場合では、10年ごとに塗り替える必要があると言われており、外壁よりも劣化が進むのが早くなっています。 また、外壁と屋根の塗装は同時に行うと良いのです。なぜならば、一度の足場組みで済むからです。足場を組むためには通常20万円程度かかるものです。 そして、屋根と同時に外壁塗装を行うのであれば、外壁に用いる塗料も10年の耐久性があれば良いことになります。ですから、考え方によっては高耐久性で高価な塗料を使わなくても良いことになります。 また、実際に塗装を依頼する業者はインターネット等を利用して、十分に検討して決めるようにしましょう。